2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」 2018/05/05
記事の続きで、

お次は特別拝観のお寺を目指しています。



なかなか先に進まずっ張り気味ですが。 (^^;)









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」1
そんな中、すぐ近くのイベントスペースをフト拝見すると、


同じ京都は伏見区に関する展示が行われている模様。 (゚д゚)



なるほど、これは京都駅ビルが主催する催しなんですね。




公式サイトを少々調べてみると・・・、









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」2
京都美風 ・「明治維新150年 水の街、酒の街、歴史の街
京都伏見」と題された展示イベントなワケですか。



伏見は広くどころとして知られていますが、歴史においては
幕末から明治にかけて、

「鳥羽伏見のい」の舞台としても知られる地なんですね。




目指すお寺に向かう前に、拝見しておかねば・・・。 ~(  ̄人 ̄)









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」3
いや、偶然ながら、今向かおうとしていた特別拝観のお寺も
「伏見区」に所在しており、

正に「鳥羽伏見の戦い」とい関わりのあるお寺なんですよね~。



あまりにリアルタイムなイベントに出くわしたので、このまま
スルーするワケには行きません。


なので、しだけお邪魔を~。 (^^;)



でも、→ポータルカフェ スバコ・JR京都伊勢丹店 2018/04/29
記事で朝ごはんを食べてから、全く前へんでいないので、


ホント、しだけ拝見をば。 (^^;)









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」4
おお、入ってすぐのエリアには、酒造りに関する説明パネルが
ズラリと。


兵庫のと並んで、伏見は日本酒の代表的な産地ですからね。

こうして前面的に展開されているのもうなずけます。









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」5
「酒どころは水どころ」とも言われる様に、日本酒を醸すには「水」
とても重要な役割を担っているんですね。


因みに日本酒の成分に占める「水」の割合は、約80%だそうな。


その上、一升の酒を造るのに八升の水を使うと言われるくらい、
日本酒造りには大量の清らかな水が必要なんですね・・・。 ( ̄人 ̄)









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」6
水は主に、カリウムやカルシウム等のミネラル分を多く含む硬水と、
少ない軟水に分けられるそうな。


ミネラル分は酵母の栄養になるので、醸造水に硬水を使うと発酵が
早く進み、力強い辛口の酒になるとか。 (゚д゚)


う~ん、これはらなかった。 (^^;)


一方、軟水ではゆっくりと発酵が進むので、柔らかな甘口の酒
になるというのは、なるほど、理にかなっています。









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」7
伏見の酒造りで使われる水は、桃山丘陵から流れ出る豊富な
地下水。

ミネラル分をバランス良く含んだ中硬水で、酒造りには
正に理想の水質なんですね。



液晶モニタには杜氏(とうじ)さんによる仕込みの様子も
映し出されて見入ってしまいますが、


伏見酒の拝見はこれ位にして、お次のコーナーへ。 (^^;)









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」8
こちらは「明治維新150年」のテーマらしく、「鳥羽伏見のい」
に関するパネルが展示されていますよ。



当時の戦闘図や、現代と連動させた史跡巡りの案内もあって
実にかり易い。 (゚д゚)









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」9
開戦から終結までの流れが、詳しくマンガ形式で紹介
されているのもまた

何気にかり易い。 (^^;)



いやホント、特に幕末の混乱期は色々と複雑で難解なので、
ワタクシ的には助かったり。 (^^;)



ちなみに「鳥羽伏見の戦い」とは、明治維新を決定させた戊辰
(ぼしん)戦争の発端となった戦なんですね。



慶応3年(1867)12月9日、王政復古の大号令が発せられると、
前将軍・徳川慶喜は、一旦大坂城に退いたものの・・・、









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」10
いや、ここで歴史の紐解きを始めるとキリがないので、また
機会に。 (^^;)



加えて、少しのつもりがまた長居してしまったので、いい加減に
お次へ参りましょう。 (^^;)









京都美風 「明治維新150年・京都伏見」11
さてさて、そんなこんなで、京都駅ビル構内・イベント展示:
京都美風・「明治維新150年・京都伏見」


ちょうど向かおうとしていた伏見区を紹介する
展示イベントで、色々と事前に知る事が出来ました。 


ワタクシ、お酒にはあまり強くないものの、伝統的な
造りに関する展示には、何かと勉強になったり。 (^^)



歴史においては「鳥羽伏見のい」の舞台として知られる
地なので、周辺には今も関連の深い社寺が多いんですね。


こちらもいずれ訪問せねば・・・。 ( ̄人 ̄)




いや、ひとまずはの更新こそ、目指す特別拝観のお寺へ

かいます。 (^^;)    ←(引っ張りすぎ)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
先日更新しました、→ポータルカフェ スバコ・JR京都伊勢丹店 
2018/04/29
の記事の続きで、


お次は特別拝観のお寺を目指し、いざいざ~。  ~~(  ̄人 ̄)







2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」1
いやホント、この日はゴールデンウイークの始まりともあって、
京都駅ビル構内はさらに人出が増してきました。



これ以上賑わって歩行困難になる前に、脱出しておきましょう。 (^^;)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」2
おっと、その前に、こちらで少しだけパンフレット漁りを。



当ブログでは幾度となくご紹介しております、京都総合観光案内所・
「京なび」! (゚д゚)ノ



指しているお寺は以前、→2018年 京都・春季:非公開文化財
特別公開 2018/01/31
の記事で書いたシリーズの一ヶ寺なんですよね。


いつもは「京都古文化保存協会」の公式サイトから、各所在地を
記したパンフレットをダウンロード出来ていたのに

今回は直前になっても一向にダウンロードアイコンがれず。 (;´д`)


ならば、京なびでパンフレットの現物は配布されていないかと、
訪れるワケであります。 (^^;)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」3
これまたスゴイ人出! (@_@;)


観光シーズン真っ只中の京都とあって、館内は大変なわいです。


それにしても、外国からのお客さんも多いですね~。


色んな国の言語がび交って、やや混沌とした趣。 (^^;)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」4
5月は多くの社寺が春の特別公開を実施される時季ですが、

そう言えば葵祭(あおいまつり)も今月に行われるんでした。 (゚д゚)


平安時代の優雅な王朝装束に身を纏った行列で知られていますが、
「上賀茂神社」と「下鴨神社」における重要な祭儀(例祭)なんですね。



いや、今年ももうそんな時季とは、時のれは速いものだな~と。 (^^;)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」5
そんな中、お目当てである特別拝観の告知ポスターが掲示されて
いたので、何気に一安心。 (^^;)


これはパンフレットが届いているのも期待できますよ~。



そんなり言を言いながら、フトおとなりのポスターを拝見すると・・・、









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」6
第181回・「鴨川をどり」。 (゚д゚)


なるほど、京都はこの時季、社寺の特別拝観の他にも、各花街
(かがい)の春の風物詩である「をどり」の季節でもあるんでした。



そんな事を言いながらポスターを拝見しても、お名前の分かる
舞妓さんが

もはや中央の多香(たか)さんだけとは、悲しい限り。 (^^;)








(写真・2013年11月の記事より。)
舞妓さん撮影のこと。 (2013年・8~10月度)-36
いやホント、先斗町は、→舞妓さん撮影のこと。 (2013年・8~10月度) 
2013/11/19
の記事で

多香さんのお店出しを撮りに行ったのが最後でした・・・。



う~ん、その内らない舞妓さんばかりになりそうで、い・・・。 (;´д`)



でもこのタイミングで4年近く前に自分で書いた記事を今読んでみると、
何気に白い・・・。 (^^;)    ←(自分で)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」7
おや、こちらには、その花街に関するミニギャラリーが展開されて
いますよ。



「をどり」にはお茶席の御接待があるんですよね。


芸・舞妓さんのお点前(おてまえ)を拝見しながらお抹茶を頂けますが、
お茶菓子を盛ったお皿を「お土産」としてく事が出来るんです。 ( ̄人 ̄)



ワタクシも何枚か持っておりましたが、落として何枚か

ってしまいました・・・。 ( ̄人 ̄;)   ←(何かと扱いが荒い)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」8
おとなりの展示も拝見を。 (^^;)



こちらには、祇園甲部・都をどりの「総をどり」で、舞妓さん方が
実際に着けておられた(かんざし)が展示されています。



もちろんいずれも、本物! (゚д゚)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」9 2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」10

・総をどりかんざし(桜大カン・勝山)
・市の上掛物(山吹)
・前髪赤布・紅白丈長



舞妓さんの簪は御挨拶回りなどで拝見する事は出来ますが、
さすがに「をどり」の簪を近くで見られる機会はまずいでしょう。


ここで間近にじっくりと拝見出来る事に、感謝・・・。 ( ̄人 ̄)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」11
そろそろ所期の目的、特別拝観のパンフレットを。 (^^;)



朝日新聞の別刷り特集記事と一緒にあって、かった~。 (^^;)


いやホント、お聞きした所、今回はパンフレットがくのが開催
ギリギリになったそうな。


公式サイトからダウンロードも出来ないと、何気に入手しにくい
パンフレットですからね~。




そんな事を言いながら、手持ちのスマホから公式サイトを見てみると・・・、









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」12
いつの間にか、「チラシ」のアイコンがしれっと現れてダウンロード
出来る様になってるし。 (^^;)



う~ん、開催直前まで結構まめにチェックしてたんですが、ホント、
いつの間に? (^^;)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」13 2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」14
ちなみにワタクシとしては、チラシ裏面の「所在地と交通図」が一番
しい情報なんですよね~。



これで全体像が把握できて、効率的にる計画が立て易く
なるので、出来ればお早めに公開頂けますと、



かります・・・。 m(_ _)m    ←(誰にお願い)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」15
これまたえらく長居してしまいました。 (^^;)



館内でずっとり言を言って先へ進んでいませんので、そろそろ
お次へ参りましょう。 (^^;)









2018年 春・京都総合観光案内所・「京なび」16
さてさてそんなこんなで、京都総合観光案内所・京なび

途中で想定外の舞妓さんネタに偏ってしまいましたが、
でもでも、目的のパンフレットが頂けて一安心。 (^^;)


さて、次こそは目指す特別拝観のお寺へ向かいましょう。 (^^;)






powered by TomiryuMap






もう先週のお話になりますが、2月3日(土)は節分の日でした。



各社寺では2日~3日に掛けて、様々な邪気払いの行事が
行われたんですね。  ( ̄人 ̄)








画像 : 時事通信ニュースより
祝・ブログ開設九周年1

今年も京都の八坂神社では、恒例の節分祭・まきの様子が
報じられましたが・・・、


それにしても、毎年のこの賑わい、ほとんどが舞妓さん目当ての
キャメラマンがめている様な。 (^^;)




そんなくだりはさて置き、 (^^;)


数年前まではワタクシも、この時期に合わせて神社やお寺に
来られる芸・舞妓さん、そして

更には太夫(たゆう)さんまでも撮りに行ってたんですよね。


でも近年は色々と目標を達成した事で、え尽き症候群的な
ものに陥ったりで・・・。 (;´д`)









昨年の節分
祝・ブログ開設八周年2
そんな経緯から、昨年の節分は京都の芸・舞妓さんからも、
そして太夫さんからもれて、大阪のお寺へ訪れたり。 (^^;)


一度花街関連から距離を置いて、純粋に節分行事に
参加するのもアリかな~と思ったんですよね。



ちなみにこちらのお寺、朝ドラ出演者や落語家、漫才師など、
多くの芸能人が豆まきに参列される事で有名なんですね。


その様子を撮影するのも目的で訪れたんでした。 (^^;)





でもそんな中・・・、









昨年の節分
祝・ブログ開設八周年4
まさかの芸・舞妓さん方が御登場されて驚き。 (^^;)



でも初参加という事もあってち位置などの事前準備が出来ず、

こうして~くから撮るのが精一杯。 (;´д`)



1枚頂くというのも当然ながら叶わず・・・。 (^^;)   ←(そこですか)









祝・ブログ開設九周年2
そんな事でリベンジを果たすべく、今年も再びこちら、大阪は

成田山不動尊へお邪魔するワケであります。 (^^;)



果たして今年は、どんな展開になる事やら。 (^^;)









(画像・産経新聞ニュースより)
祝・ブログ開設九周年3

ちなみにまきの第一部はこんな混雑具合なんですね。


それもそのはず、1日で4万人を超える人出になるそうな。



いや、昨年はのこのこと、い部から参加したので幾分
人出は引いていたようですが、

それにしても初回がこんない人出とは知らず。



この豆まき式場内にき込まれない様、気を付けねば。 (^^;)









祝・ブログ開設九周年4
さて、今年は早くから現地入りし、この石畳沿いにポジショニング。


ここを多くの著名人が列を成し、境内特設舞台へ向かわれる
様なので、その混乱に乗じて


舞妓さんから1枚頂こうという作戦。 (^^;)



めての試みなので、1枚頂ける確証はありませんが、でもでも・・・、



絶対に1枚頂く!! w(*゚Д゚*)w   ←(落ち着いて下さい)



いや、参進を目前に、妙にテンションががったり。 (^^;)









祝・ブログ開設九周年5
そんな事を言っていると、られましたよ!



おお~、「ぼんち・おさむ」師匠や「宮川大助・花子」師匠ほか、
漫才師・落語家・タレントさんが続々と。 w(*゚0゚*)w



いや、昨年はこちら著名人方を撮影する目的で訪れたものの、
今はにあらず。 (^^;)




では、いよいよその時を待ち・・・、



1枚、お願いしますッ! w(*゚Д゚*)w





「は~い♪」









祝・ブログ開設九周年6
パチリ♪



ありがとうございます~。 (*^^*)



いや、舞妓さん方が来るのをちきれず、一先ずの1枚。 (^^;)



ちなみに「徳永えり」さんという女優さんだそうな。









祝・ブログ開設九周年7
現在放映中のNHK連続テレビ小説・「わろてんか」で、
「トキ役」を演じておられるんですね。



いや、ワタクシお勉強不足で、今日初めてお顔とお名前を
拝見したり。 (^^;)



でもでも、まで振って快く応えて頂けるとは、感謝の限り。 (^^;)









祝・ブログ開設九周年8
キ~タ~。 w(*゚∇゚*)w


ついにお待ちかねの舞妓さん方が現れました!


混雑で身動きが取れないので、一発勝負。




絶対に食いめる!! w(*゚Д゚*)w   ←(落ち着いてください・2)



興奮著しい中でも、狙うはやはり祇園甲部。 (^^;)




それでは、タイミングを見計らって~・・・、



1枚、お願いしますッ! w(*゚Д゚*)w





「は~い♪」









祝・ブログ開設九周年24
パチリ♪



ありがとうございます~。  。・゜・(/Д`)・゜・。




この混雑の中、これまたく頂けるとは。


いやホント、当初の予想とは裏腹に拍子抜けするほど。 (^^;)


舞妓さんとしても、どちらかと言うと「イベント系」の参加なので、
気持ちがやかなのかも知れません。



殺伐とした「始業式」や「八朔」などの御挨拶回りで1枚
頂くのがどれほど難しいか、


このタイミングで痛感したり。 (^^;)





それにしてもこちらの舞妓さん方・・・、









2018年・始業式10
先月書きました、→京都・祇園 伝統行事 2018年・「始業式」
(しぎょうしき) 2018/01/21
の1枚で写っていた中の

お二方ではありませんか。 (゚д゚)



今回の御縁で1枚頂けるとは、ありがとうございます~。 m(_ _)m



例によって、またお名前は判りませんが、でもでも

改めて感謝を。 (^^;)









祝・ブログ開設九周年10
まった、豆まき式場にき込まれた! (@_@;)



いや、参進後の流れで自動的に式場内へ送り込まれ、
もはや脱出不可能。 (^^;)



人混みでもみくちゃになるわ、落花生がクラスター
爆弾の様にバラバラと顔に当たって来るわで、

もう大騒動。 (^^;)









祝・ブログ開設九周年11
芸・舞妓さん方のまきの様子もあまり撮れないまま
早々に終わってしまって、

あらら。 (^^;)




でも、まだチャンスはあります。









祝・ブログ開設九周年12
そんなワケで、2回戦へ。 (^^;)



こんどは立ち位置を変えて、参列者の記念撮影の
様子から拝見。









祝・ブログ開設九周年13
芸・舞妓さんのお姿、確認! (゚ ゚ )



お二人で、いずれも祇園甲部の方なんですね。



芸妓さんは章乃(ふみの)さんである模様。


いや、過去に襟替えの撮影に訪れた事があったので、
お名前が分かったり。 (^^;)


その節は存分に撮らせて頂いたので、本日のターゲットは舞妓さん。



でもまたによって、舞妓さんはお名前が分からず。 (^^;)



う~ん、舞妓さん撮影も年に2~3回しか訪れていないと、全く
いて行けなくなりますね~。





そんな事を言っていると・・・、









祝・ブログ開設九周年14
豪栄道関の登場! w(*゚∇゚*)w



大相撲力士、しかも大関クラスの関取が参列するとは、

本・豆まき式、何気にスゴイですぞ。



それにしても間近で拝見すると、さすがにデカイ。 (^^;)









祝・ブログ開設九周年15
ピントがこう側へ行きはる! (@_@;)



大関にを取られていると、お目当ての舞妓さんが
あっという間にの前に。


いや、いつもはある程度ピントをわせてお声掛けするんですが、

今はプチパニック状態でオタオタ。 (゚д゚;)=(;゚д゚)




でもチャンスは一度限り、ダメ元で行くしかありません。




1枚、お願いします~。 (;´д`)ノ





「は~い♪」









祝・ブログ開設九周年16
パチリ♪



見返りながらのポージングになりましたが、突然ピントがって
来て奇跡的な1枚に。



ありがとうございます~。  。・゜・(/Д`)・゜・。




思いのほかドアップな写真になったものの、でもある意味
印象的な1枚になって良かったかも。 (^^;)


舞妓さんとの距離がいのも、逆に難しいんですね。



ドタバタの中、最後にく頂けてありがとうございました。 (^^;)









祝・ブログ開設九周年25
さてさて、そんなこんなで、大阪府・成田山不動尊は節分祭
追儺豆まき式。

古式ゆかしい行事の中、を添えた舞妓さん方も存分に撮れて
大満足。 (^^)



また機会があれば、是非訪れて・・・、









祝・ブログ開設九周年17
いや、もとい。 思わずに掛かる所でしたが、最後に節目
のご報告を一つ。 (^^;)



今年も節分の日をもって、当ブログ開設からなんと九周年
になるんです。



おめでとうございます! (^^ノノ" (^^ノノ"☆ パチパチ。


ありがとうございます~。 m(_ _)m









祝・ブログ開設九周年18
それにしてもホント、軽い気持ちで始めたブログが、いつの間
にか9年目に突入していたんですね~。



最初の頃は、本屋さんで買って来た「ブログの始め方」みたいな
を参考に、四苦八苦しながら

記事を書いていたのがかしく感じたり。 (^^;)









祝・ブログ開設九周年19
当初は社寺を巡って御朱印を集めるブログにしようかな
と思っていたんですが、


これだと御朱印をめる事が目的となって、お話も膨らまず、
続けるのもしんどくなりそうで、見送りに・・・。



それではざっくりと、社寺巡りを主テーマにして、日本の
歴史や文化も絡めていくという、ゆるい方向にしたんですよね。




時々入る舞妓さん撮影ネタも、日本の花街文化
後世に伝える為に


重要なテーマかと。 ( ̄人 ̄)    ←(まあまあ無理矢理)




でもでも何より、 (^^;)


当ブログがこうして長年に渡って続けて来られたのもホント、
いつもお越し頂いている皆々様のお陰なんです。 m(_ _)m









祝・ブログ開設九周年20
でもそんな中、最近は殊に更新頻度も低くなり、この奉納
ろうそくの炎の様に、


当ブログも細くえ入りそうな状況に・・・。









祝・ブログ開設九周年21
いや、決してやる気がくなった訳ではありません。 (^^;)


ネタによってはカメラの撮影枚数が数千枚を超える事も
あり、使える写真の選別から大変な時間が掛かるんですよね。



そんな中、くだりからオチまで、ストーリーに合うように
ながら写真を選別して、文章化して行くのもまた

毎回気のくなる作業だったり・・・。 (;´д`)



まあ、きでやっているので、ではないのが

いなんですが・・・。 (^^;)









祝・ブログ開設九周年22
さてさて、そんなこんなで、ブログ開設9周年記念。


9割方舞妓さん撮影レポ的なお話になりましたが、一先ず
節目のご報告と、ここまで続けられました御礼を。 m(_ _)m


終盤、何気に苦労話になった所は、最近安定の
グダグダ展開という事で。 (^^;)



節分の日が誕生日の、当・「ワタシャジ」ブログ。



大きな節目、次の10周年に向けて引き続き、


気張らずボチボチ綴って行こうと思います・・・。 (^^;)






本日で早くも1月が終わるんですね・・・。


いつの間にか少しずつ、の足音も聞こえて来たりで・・・、




いや、まだまだ全国的に真冬の寒さが続いていたり。 (^^;)




そんな事を言いつつも、

財団法人・京都古文化保存協会が主催する、2018年・春期
「非公開文化財・特別拝観」の詳細が、

早くも公式サイトにて発表されましたので、ご紹介をばと。 (^^;)









2018年 京都・春季:非公開文化財 特別公開1
毎年春と秋に開催され、普段は非公開の京都の社寺を
特別拝観できる本シリーズ。


当ブログの中でもご紹介率がい本催しですが、

その中でも特に開催告知がい催しでもあるんですよね。



いつも早めのご案内、ありがとうございます~。 ( ̄人 ̄)



でもあまりに早いと、開催当日をれてしまうという、

ある意味贅沢なリスクはあるんですが。 (^^;)









2018年 京都・春季:非公開文化財 特別公開2
※画像 : →社寺巡り 京都・2017年 秋期特別公開 「現光寺」
(げんこうじ) 2017/11/26



ちなみに前回の季特別公開では、南部エリアの木津川市
が目玉だったんですよね。



巡った箇所は少なかったものの、内容の濃い拝観で大満足。 (^^)



でもこうして振り返ってみると、わずか2ヶ月前の事でしたか。


まだまだ寒いので、次ののイメージがしにくかったり・・・。 (^^;)









2018年 京都・春季:非公開文化財 特別公開3
そんな事を言いつつも、今回の特別公開ラインナップを。 (^^;)

※以下、京都古文化保存協会・公式サイトより抜粋。






「北区」
上賀茂神社【かみがもじんじゃ】
大徳寺 本坊【だいとくじ ほんぼう】
櫻谷文庫【おうこくぶんこ】 <初公開>


「右京区」
仁和寺 金堂・本坊【にんなじ こんどう・ほんぼう】


「上京区」
北野天満宮【きたのてんまんぐう】
養源院(相国寺山内)【ようげんいん:しょうこくじ さんない】 <初公開>


「左京区」
岩倉具視 幽棲旧宅【いわくらともみ ゆうせいきゅうたく】 <9年ぶり>
下鴨神社【しもがもじんじゃ】
金光明寺光明寺 山門【こんかいこうみょうじ さんもん】


「東山区」
知恩院 大方丈・小方丈・庭園【おおほうじょう・こほうじょう・ていえん】
龍吟庵(東福寺山内)【りょうぎんあん:とうふくじ さんない】 <10年ぶり>


「中京区」
壬生寺【みぶでら】 <13年ぶり>


「南区」
東寺・五重塔【とうじ・ごじゅうのとう】


「伏見区」
城南宮【じょうなんぐう】
大黒寺【だいこくじ】
長建寺【ちょうけんじ】
法傳寺【ほうでんじ】 <初公開>
妙教寺【みょうきょうじ】 <初公開>


「八幡市」
石清水八幡宮【いわしみず はちまんぐう】



・期間 : 平成30年4月27日(金) ~ 5月6日(日)まで (公開箇所により異なる)
・時間 : 午前9時~午後4時(拝観受付)
・拝観料 : 1ヶ所大人800円、中高生400円









2018年 京都・春季:非公開文化財 特別公開4
今回はトータル19ヶ所、そのうち初公開が4ヵ所ですか。



初公開が4ヶ所とは、本特別拝観としては、珍しくない様な・・・。


いや、でもその内の2ヶ所が伏見区での初公開なんですね。



またマニアックで期待できそう。 (^^;)    ←(表現)



でもホント、普段は完全拝観謝絶の寺院の様なので、
要チェックですね。









2018年 京都・春季:非公開文化財 特別公開5
例によって各お寺の公式サイトも無い様で、探しても伏見区の
サイト位からしか情報を得られず。



う~ん、これはまた、色々と現地でのき込み調査頼りに
なりそうな予感が・・・。 (^^;)









画像 : 伏見区:妙教寺 朝日新聞デジタルニュースより
2018年 京都・春季:非公開文化財 特別公開6

さてさて、そんな事を言いつつも、2018年・春季

京都「非公開文化財・ 特別拝観」


まだ厳冬の中、一足先にの特別公開情報。 (^^;)



いやホント、まだ3ヵ月も先の事なんですね。


でもでも、今回は初公開が少ないながらも、「戊辰戦争」や
明治維新150年」にゆかりの社寺が多く公開されるそうな。


これまた内容のい拝観になりそうですね~。



今回も一ヵ所に、長く座りそう・・・。 (^^;)   ←(迷惑です)






さて、本日の更新は・・・、




舞妓さん撮影ネタ! (*゚д゚*)ノ     ←(これまた唐突)




いや、社寺ネタがメインの当ブログながら、サブネタ的に

こういった企画もり込んだりしてるんですよね。



メインがややおいイメージの題材なので、たまには息抜き的に、

こんなお遊び的な展開もアリかな~と。 (^^;)









2018年・始業式1
画像 : 産経ニュース 2018/1/7の記事より。



さて、今回参戦しますは年始恒例の始業式。 (゚д゚)



京都の各花街(かがい)では、芸・舞妓さんが黒紋付の正装で
参列し、 旧年の御礼、そして新年の御挨拶を交わす行事なんですね。


今回もまた、その御挨拶回りの様子をらせて頂こうという腹積もり
なワケだったり・・・。 (^^;)




それにしても、舞妓さん撮影も半年近くぶりなんですよね~。


ランク著しい中、各種報道でも取り上げられるビッグな御挨拶回り。



果たして本日は、どんな展開になる事やら。 (^^;)









2018年・始業式2
そんな事を言いつつも、白川南通周辺をウロウロ。


いや、何の撮影ンセプトも無くフラフラと訪れましたが、

この先には有数の撮影スポットである、巽橋(たつみばし)が
あるんでした。


芸・舞妓さん撮影では、毎回場所取りを巡ってれる場所なので、

寄るのはやめておきましょう。 (^^;)









2018年・始業式3
もう一つの有名撮影スポット、お茶屋・一力亭(いちりきてい)前
にも来てみましたが、

これまたスゴイ人出。


なるほど、今年の始業式は日曜日とも重なって、観光の人達も
多く参戦しているんですね。



ここも毎回荒れになる場所なので、寄るのはやめて
おきましょう。 (^^;)









2018年・始業式4
そんなワケで、昨年と同じく歌舞練場の裏口の通りへ。


ここはキャメラマンが少ないので、ワタクシ的に穴場だったり。 (^^;)



さて、お昼も過ぎた頃なので、そろそろ第一陣が出て来られますよ。









2018年・始業式5
おお~、まずは、「廣島屋」と「中岸」の御一行ですか。


ひとまずはを取り戻すべく、連写気味に。 (^^;)



それにしても、昨年も第一陣はじ御一行でしたが、歌舞練場から
出て来る順番とかまってるんでしょうかね。 (^^;)









2018年・始業式6
ご挨拶回り前の1枚を、パチリ♪


こうして久しぶりに芸・舞妓さんをの前にすると、やはりテンションが
がりますね~。



いやホント、微動だにしない社寺ばかり撮っていると尚更。 (^^;)





そうこうしている内に・・・、









2018年・始業式7
待って~。  (´Д`) ノ



いや、こういう毎回のお約束も入れつつ、久しぶりの舞妓さん
撮影を楽しむワケであります。 (^^;)









2018年・始業式8
しまった、てはいけない所へてしまった! (@_@;)



御挨拶回りの回りをすべく走って来ましたが、人混みでごった返す
一力亭前へ来てしまうとは。



完全にマってしまって、全く身動きが取れません。 (^^;)









2018年・始業式9
そんな中でも、何とか身をり出して1枚。 (^^;)


もはやどちらの御一行か分かりませんが、一力亭のい壁と、
イクリング一団との対比で撮れたという事で

この1枚はしとしておきましょう。 (^^;)









2018年・始業式10
これまたスゴイ圧迫感! (@_@;)



やかな舞妓さんが5人も集まると迫力を感じますね~。


本物オーラも凄かったり。 (^^;)



でも寄り過ぎても良いお写真は撮れないんですね。 


改めて写真って、しい。 (^^;)





そんな中、後ろから爆音が。









2018年・始業式11
スーパーカー!! w(*゚∇゚*)w



いや、車に反応している場合ではありません。

まずは目の前の舞妓さん撮影に集中せねば。 (^^;)



それにしても、短時間で目と耳から入る情報量がくて、

何かとただしい。 (^^;)









2018年・始業式12
御挨拶回りの殆どは、これから祇園町の側へ向かうんですね。



もちろん、ワタクシもろに付いて行きます。


相変わらず撮影的にはノープランですが。 (^^;)









2018年・始業式13
ホントにただただ後ろにいて行くだけの展開に。  ~(;´д`)



しぶりの舞妓さん撮影で、こんな所でブランクを感じたり。 (^^;)



でも、豪華な金糸の鑑賞と言えば、聞こえは良かったりして。 (^^;)





そんな事を言っていると・・・、









2018年・始業式14
ぬおっ、このタイミングでつる居御一行の登場!? (@_@;)


なるほど、出待ちのキャメラマンがいはずです。



テレビなどのメディアへの登場も多い御一行なので、辺りは急に
大混雑。 (^^;)









2018年・始業式15
そんな所で撮影会始まってるし~。


完全に遅れた~。 (;´д`) ノ 



いや、ずっと後ろにはいて行ってますが、ある意味全然

いて行けてない様な。 (^^;)









2018年・始業式16
でも、お陰でこちらはいていて、良い雰囲気の中撮れますよ~。


キャメラマンも写り込まず、自然な感じで御挨拶回りの1枚が撮れて、
何気にご満悦。 (^^;)



こんなに空いているのは、先ほどの「つる居」御一行が
辺りの人達をこそぎ引き連れて行ったからなんですね。



う~ん、改めてるべし、「つる居」御一行。 (^^;)









2018年・始業式17
始業式の御挨拶回りも終盤に入り、新橋通の様子も見に来ましたが、
まだまだこの人出



最後のチャンスを狙って行ったとしても、この状況ではもはや
舞妓さん方をアップで撮るしか手が残ってない様な。 (^^;)





そんな事を言っている内に・・・、









2018年・始業式18
皆さん、もうって行かれるんですね~。 (´Д`) ノ



いや、このタイミングでび「つる居」御一行と遭遇したので、1枚くらい
頂けたらな~と思いつつも、


全然タイミングがわないし。 (^^;)



それにしても、上の写真をよく見ると、

昨年の→京都・祇園 伝統行事 2017年・「始業式」(しぎょうしき) 
2017/01/22
で撮った写真とじような状況で写っていたり。



う~ん、これは不思議なシンクロ。 (^^;)









2018年・始業式19
さて、その後も芸・舞妓さん方はそれぞれの屋形に帰って行かれ、

もう御挨拶回りもわりなんですね・・・。



どなたからか1枚位は頂きたかった所ですが、残念ですね~。


今一つ勘も戻らず、グダグダな感じで終わって心残りですが、

またの機会に・・・。 (^^;)





そう思っていると・・・、









2018年・始業式20
舞妓さんのお姿、発見! (゚ ゚ )



これを逃すと、後はもういという位のチャンスですが、でもでも、
横にはキャリア豊富そうなおさんが付いておられますよ。


シチュエーションとしては、これまたいという位の高難易度。 (^^;)


でもこういう状況だと、お姉さんの方にお声がけしないと、1枚く事は
出来ないんですよね~。









2018年・始業式21
この状況、ブログのネタじゃなかったらハッキリ言って


きたくない! (@_@;)     ←(出た本音)



いやホント、芸妓さんでもキャリア豊富そうな方だと緊張するのに、
お見受けした所、女将さんクラスのお姉さんですよ。


下手したらられます。 (^^;)



でもでも、このチャンスを逃したら、後は無いでしょう。




1枚、お願いします~。 (;´д`)ノ    ←(声小さい)





「は~い♪」









2018年・始業式22
パチリ♪


ありがとうございます~。  。・゜・(/Д`)・゜・。



いやホント、怒られるんじゃないかとる恐る行きましたが、
これほどく頂けるとは。



最後に御礼を申し上げたら、「おおきに~」と返して頂いて、
恐縮の限り。 (^^;)



お二方ともお名前は判りませんでしたが、でもでも本当に

1枚けてありがとうございました~。 m(_ _)m



いや、それにしてもな汗かいた。 (^^;)









2018年・始業式23
続けてまた舞妓さん発見! (゚ ゚ )



終わり際でて続けにチャンスが巡って来るとは。


しかも今度は舞妓さんお一人なので、気持ちは! (゚ ゚)



そんなワケで・・・、



1枚、お願いしますッ! w(*゚Д゚*)w    ←(声大きい)





「は~い♪」









2018年・始業式24
パチリ♪


これまたくありがとうございます~。  。・゜・(/Д`)・゜・。



怖い位にピントも決まった1枚になって、大満足。 (^^;)


最後の最後で、本日ベスト的な1枚を頂けるとは、感謝の一言。



また舞妓さんのお名前は判りませんでしたが、でもでもホント、

1枚けてありがとうございました~。 m(_ _)m









2018年・始業式25
さて、夕方もこの時間になると、さすがに始業式後の御挨拶回り
も終わりですね。


芸・舞妓さんはおろか、キャメラマンの姿も見えなくなって
きたので。 (^^;)



では、そろそろおいとましましょうか・・・。









2018年・始業式26
そう思っていたら、最後に1枚、パチリ♪


しぶとくっていたら、御挨拶回りを続ける芸妓さんに遭遇。


少しまってポーズを取って頂けるとは、これまた感謝。 (^^;)









2018年・始業式27
さてさて、そんなこんなで、2018年・京都祇園、伝統行事は
始業式(しぎょうしき)。


約半年ぶりの舞妓さん撮影で、しかも日曜日で人出も多く、
チョトれた。 (^^;)


でもでも、始業式はイベントではないので、巻き込まれる
芸・舞妓さん方が一番お疲れなんですよね。


そんな中お邪魔して、く撮らせて頂けて、改めて御礼を。


ありがとうございました~。 m(_ _)m



それにしても、今回は追いのシーンが多く、ブランクを
感じましたね~。


写真はじっくりと構えて撮る社寺も重要ですが、一発勝負
の要素が多い人物撮影もたまには出向かねば・・・。



そう口実を付けて、また近い内に舞妓さん撮影へ。 (^^;)






powered by TomiryuMap