2017年に入って、1月は早くも後半に差し掛かっているんですね。


さすがに新春気分もけ切った今日この頃・・・、





舞妓さん撮影ネタなどを一つ。 ( ̄人 ̄)   ←(出たぶっ込み)









2017年・始業式29
画像 : 2016年・祇園甲部 「八朔」の様子。



いやホント、これまたいもので、

前回は、→京都・祇園 伝統行事 2016年・「八朔」(はっさく) 
2016/08/27
の記事以来なので、


舞妓さん撮影ネタもまた、5ヵ月ぶりになるんですね~。



舞妓さん熱もがって久しく、最近はこうしてブログのネタ入れ
として花街に出向くくらいで・・・。




ちなみに上の写真は、前回八朔の公開の1枚だったり。 (^^;)









2017年・始業式1
画像 : MBS NEWS 2017/1/7の記事より。



そんなくだりからも、今回参戦しますは始業式(しぎょうしき)。  (゚д゚)



京都の各花街では、芸妓さん・舞妓さんが黒紋付の正装で参列し、
旧年の御礼、そして新年の御挨拶を交わす行事なんですね。


式場である歌舞練場からの出待ちや、挨拶回りの様子を撮らせて
頂こうというのが魂胆なワケなんです。 (^^;)




それにしてもホント、最近訪れるのはこういうきな御挨拶回りだけに
なってしまいましたね~。


舞妓さん熱ががっても、行くからにはベストを尽くさねば。 (^^;)





さてそんなワケで、お昼過ぎにのこのこと現地入りしましたが・・・、









2017年・始業式2
これまたスゴイ人数のキャメラマン! (@_@;)


式場からの待ちを狙っているんですね。


々といいお時間に現地入りしたとは言え、かなりの
人出で驚いた。 (^^;)




ちなみに祇園甲部の始業式は毎年、「歌舞練場」で催していたものの、
現在は耐震改修に伴って一時休館中のため、

今年は隣の「八坂ホール」に会場を移したそうな。



そんな舞妓さん撮影に関連の低いプチ情報は、いておいて、 (^^;)


今年の始業式は曜日とも重なって、観光の人達も多く参戦
しているので、この賑わいになっているワケですか。









2017年・始業式3
年々増加する人出に危惧して、「都をどり」の公式facebookでは、

マナーを呼びかけるお願い書き込みも。 (^^;)



祇園に訪れても、なかなか本物の舞妓さんには出会えませんからね~。



確実に姿を拝める始業式などではテンションががって、マナーを忘れて
しまうのもまた然り。 ( ̄人 ̄)




それにしても、「事故怪我のないよう」云々・・・、の一文には

ホント、改めて本日のバトル、ワタクシもを付けねばと。 (^^;)









2017年・始業式4
そんな事を言っていると、第一陣がて来られましたよ!



昨年に訪れた、→京都・祇園 伝統行事 2016年・「始業式」(しぎょうしき) 
2016/01/23
に引き続き、歌舞練場の裏口で待機していましたが、


これまたデジャヴ的に、「廣島屋」御一行と「中岸」御一行で、

じような写真になったり。 (^^;)



しかしながら写真の出来は昨年より退化して、構図もピントも

まらず、あらら。 (^^;)









2017年・始業式5
しかもその直後、後ろのお茶屋さんへ御挨拶に行かれるとは。


いや、去年は行かれなかったのに。 (^^;)



不自然な体勢から急に180度体をひねったので、

さっそく怪我をしそうになってアブナイアブナイ。 (^^;)





そうこうしている内に・・・、









2017年・始業式6
待って~。  (´Д`) ノ



せっかくキャメラマンのマークが手薄な状況だったのに、

何の結果も残せず残念。 (^^;)



まあ、まだ始まったばかりなので、らずに行きましょう。 (^^;)









2017年・始業式7
これまたスゴイ人出! (@_@;)



祇園でも屈指の撮影スポット、お茶屋・一力亭(いちりきてい)
前に来てみましたが、

これまたズラ~ッと予想以上の人垣が。 (^^;)



ここを狙う人たちは、早くから場所取りをしているんでしょうね~。


ワタクシの様に、お昼過ぎにのこのこと現れて、立ち位置がある
はずもありません。 (^^;)









2017年・始業式8
今年は「都をどり」の公式facebookにもあった様に、警備も強化
されているんですね。


規制線を少しでも超えると、警備員さんにられるしで、


こうした大きな御挨拶回りでの舞妓さん撮影も、年々ハードルが
がったり・・・。 (;´д`)



この場所をれるべく、こちらの「にんべん」御一行と、「柴田」御一行
に付いて行きましょう。 (^^;)









2017年・始業式9
後を追いながらも1枚、パチリ♪



「福嶋」御一行とのれ違いを捕えようとしましたが、ここで改めて、


芸・舞妓さんって、歩くのがいんですね~。 (;´д`)  ←(何を今さら)



いや、カメラの設定もありますが、これほどの残像になるとは。 (^^;)



5ヵ月ぶりの舞妓さん撮影ともなると、さすがにブランクを感じたり。 (^^;)









2017年・始業式10
何気に好きな、うしろ姿のカットも1枚。 (^^;)



まあまあい具合に撮れたんじゃないですか!? w(*゚∇゚*)w



いやホント、舞妓さんと等間隔の距離を保ちながら撮るこのカットって、

意外としいんですよね。



一応、そこそこ綺麗に撮れて納得。 (^^;)









2017年・始業式11
大和橋を渡って、白川南通へ行くんですか~?  (;´д`)


いや、この先には有数の撮影スポットである、巽橋(たつみばし)が
あるんです。


大勢のキャメラマンも待ち構えているデンジャーなエリアなので、

こちらの御一行からはそろそろ離脱した方がいいかも。 (^^;)



それでは最後に、少し回りして~・・・、









2017年・始業式12
1枚、パチリ♪


少々明暗差が出来たものの、手前にえ込みを配して、
趣のある背景と、

そんなにくはない1枚になったかなと・・・。



いや、よく撮れたと自己納得して次へ向かいましょう。 (^^;)



御一行の皆さん、ありがとうございました~。 (´д`) ノ~









2017年・始業式13
ぬおっ、こちら「みの竹」前は芸・舞妓さんがり乱れてすごい密度。


おお~、いいわちゃわちゃ感ですよ~。 (^^)



この全体の感じをくっきりと捕えたかったのに、カメラの設定を
そのままで撮ってしまって、


手前の舞妓さんのにピントが合った写真になるし。 (^^;)



う~ん、改めてカメラってしい。 (^^;)









2017年・始業式14
中から「新井」御一行が出てきましたが、こちらは豆六(まめろく)
さんですね。



よく見ると、髪は先笄(さっこう)、そしてお歯黒、加えて
帯揚げの状態と言い、これはまさに、


襟替え(えりかえ)が近い事を示すお姿。 (゚д゚)



新年早々、貴重な舞妓さんの姿を拝見できました。 ( ̄人 ̄)








(お店出しの時の写真)
2017年・始業式30

過去の写真を探してみると、豆六さんは2011年5月にお店出し
されていたんですね。


ワタクシもちょうどお店出し撮影をめた頃で、物珍しい事も相まって

ウハウハ言いながら付いて回った事を思い出したり。 (^^;)



そんなお店出しを撮りに行った舞妓さんが、襟替えの儀式をもって
芸妓(げいこ)さんになられるとは、

が流れるのも早いものですね~・・・。


この日に先笄姿を拝見出来るのも、また感慨深し・・・。 ( ̄人 ̄)



いやホント、晴れて襟替え、おめでとうございます。 (^^;)









2017年・始業式15
おや、こちらから舞妓さんが3名来られましたが、

お一人もお名前が判らず。 (;´д`)



う~ん、以前はお店出し撮影に参加して舞妓さんのお顔とお名前を
えて来ただけに、今はさっぱり不明。 (^^;)



またたまにでも行こうかなと。 (^^;)   ←(多分行かないヒト)





そんな独り言を言っていると・・・、









2017年・始業式16
ぬおっ、このタイミングでつる居御一行の登場!? (@_@;)


始業式の御挨拶回りも終盤になってただしくなって来た。 (^^;)



ワタクシもこのタイミングになって、が騒いできましたよ~。




そんなワケで・・・、


1枚、頂く!  w(*゚Д゚*)w    ←(コラコラ)




とは言ったものの・・・、









2017年・始業式17
どなたとも全然タイミングがわない~。  ~~(;´д`)



う~ん、声をかける間もなくさらっと目の前を通過されるし。 (^^;)


それに「つる居」御一行ともなると、ファンもガッツリと付いて回るしで、

タイミングを合わせるのも更に厳しい。 (^^;)




ちなみにタイミングだけではありません。


芸・舞妓さん撮影は飛び込み営業よろしく、1000回声をかけて、
1枚頂ければ大成功という、


そんな統計もあるそうな・・・。 ( ̄人 ̄)   ←(どこの統計)



いや、それだけしいという事を言いたいワケで・・・、 (^^;)









2017年・始業式18
そちらの舞妓さんも、待って~。 (´Д`) ノ



今までくの芸・舞妓さんから1枚頂いて来ましたが、でもでも

そう簡単に頂けるものではないんですね。




いや、御挨拶回りの中でをやっているんだという話でも
ありますが。 (^^;)









2017年・始業式19
さて、始業式の御挨拶回りもそろそろわりの様で、

舞妓さんの姿も見られなくなりました。


でもせっかく訪れたので、やはり1枚くらいはいて帰りたい所。



なのでこちらの芸妓さん方に1枚、


お願いしてみる! w(*゚Д゚*)w   ←(がんばって下さい)






では、距離とタイミングを合わせて~・・・、 ( ゚д゚)~~( ゚д゚)





1枚、お願いしますッ! (*゚Д゚*)ノ





「は~い♪」









2017年・始業式20
パチリ♪


く応えて下さって、ありがとうございます~。  。・゜・(/Д`)・゜・。



それにしても、キャリア豊富な芸妓さんに声を掛けるのは、
やはり緊張する。 (^^;)



そのせいか慌ててシャッターを切ったのでフレームはいし、
その上下がりの写真になってるし。 (^^;)


いや、肩上がりと言えば聞こえはいいんですが。 (^^;)



お二方ともお名前は判りませんでしたが、でもでもホント、

1枚頂けてありがとうございました~。 m(_ _)m









2017年・始業式21
もう1枚くらい頂きたい! w(*゚Д゚*)w   ←(おやめなさい)



いや、気を良くしたと言いますか、記事のり上がり的な事も
考えて、こちらの芸妓さん方にもアプローチ。 (^^;)




そう言いつつも、距離とタイミングは重要・・・、 ( ゚д゚)~~( ゚д゚)





1枚、お願いしますッ! (*゚Д゚*)ノ





「は~い♪」









2017年・始業式22
パチリ♪


これまたくありがとうございます~。  。・゜・(/Д`)・゜・。



ちゃんと斜にポーズまで取って下さって、もったいない限り。


今度はち着いて決められて良かった~。 (^^;)



でも咄嗟にお二人並んだ写真を撮るのって、しいんですよね。

ピントが真ん中に合った抜け写真になっていたりすると、


あとでこれ以上無いくらいみますので。 (^^;)




ちなみに「西村」御一行の、左側が有佳子(ゆかこ)さん、
そして右側が槇子(まきこ)さんでした。



お二方とも、1枚頂けてありがとうございました~。 m(_ _)m









2017年・始業式23
さて、芸・舞妓さんの姿もさすがに見られなくなりました。

始業式の御挨拶回りも、全てわりの様です。



残念ながら舞妓さんとはタイミングが合いませんでしたが、

でもでも、芸妓さん4名様から1枚頂けて、満足。 (^^)



そんな心地よい疲労感の中、軽くお社をってからおウチへ
帰りましょうか・・・。




そうして帰路に就こうとしていた所、



小路に舞妓さんの姿発見!! (゚ ゚)









2017年・始業式24
迷惑駐車お断り



舞妓さんのイラストじゃないですかッ! (*`ε´*)ノ彡



いや、ロードコーンに被せた舞妓さんのイラストに反応するとは、
かなり重症かも。 (^^;)


心地よい疲労感どころか、相当れている様です。 (^^;)




今度は本当に帰りましょう・・・。




そうして帰路に就こうとしていた所、



今度は別の小路に舞妓さんの姿発見!! (゚ ゚)  ←(また)









2017年・始業式25
いやホント、今度は確かに人間の舞妓さん。 (^^;)


この時間帯になっても、一人で御挨拶回りを続ける
芸・舞妓さんがたまにおられるんですよね。


いずれにしても、本日最後のチャンス。



絶対に1枚頂く!  w(*゚Д゚*)w      ←(ヘンタイ)



いや、ダメもとでも行かないと、後で後悔するのは
イヤなので。 (^^;)






では絶妙のタイミングと距離感で~・・・、 ( ゚д゚)~~( ゚д゚)





1枚、お願いしますッ! (*゚Д゚*)ノ





「は~い♪」









2017年・始業式26
パチリ♪



なんと「つる居」の恋舞妓・美月(みつき)さんだったんですね!



ありがとうございます~。  。・゜・(/Д`)・゜・。




ホント、この帰り際のタイミングで超絶展開が起こるとは、

自分でも怖いくらいの悪運、いや、強運。 (^^;)



それにちゃんと着物もえて、ポーズまで取って下さるとは、
恐縮の限り。




本当にありがとうございます~。  。・゜・(/Д`)・゜・。




いやホント、充分に御礼を申し上げました。 (^^;)









2017年・始業式27
それにしても、後で改めてこのイラストを見てみると、
頂けた1枚のポーズと妙にシンクロしてますね~。


この舞妓さんが美月さんをいてくれたのかも・・・。



そんな事を考えていると、何だかブルッと来た。 (^^;)









2017年・始業式28
さてさて、そんなこんなで、2017年・京都祇園、伝統行事は
始業式(しぎょうしき)。


この寒い年のめに、気持ちも新たに正装で御挨拶回りを
する芸・舞妓さん方。

その姿を拝見してワタクシも気がき締まりました。 ( ̄人 ̄)


5ヵ月ぶりの舞妓さん撮影にも少々ブランクは感じましたが、

でもでも、そこそこ良いお写真が撮れて自分的には納得。 (^^;)


中でも1枚頂けた芸・舞妓さん方には本当に感謝を。 m(_ _)m



また例によって、これ以降の舞妓さんネタ在庫はゼロ


でも久しぶりに赴くと、血が騒いでテンションもがりますね~。



機会があれば、また向こうと思います。 (^^;)






powered by TomiryuMap






スポンサーサイト
さて、お正月ムードも一段落し、


世間では十日戎(とおかえびす)も真っ只中な今日この頃、




特別公開情報などを一つ・・・。 ( ̄人 ̄)



いや、このタイミングながら、冬期の公開情報も入れて
おこうかな~と。 (^^;)







2016年・第51回「京の冬の旅」1
そんなくだりからも、京都市観光協会(公式サイト)が主催する
第51回・「京の冬の旅」開催のご紹介。 (^^;)



本特別公開では毎年冬と夏の2回、1つのテーマを基に、
普段は見学する事の出来ない社寺や建築、庭園・仏像などを

期間限定で公開に導いているんですね。



さっそく頂いて来たパンフレットをめくって見ますと・・・、








2016年・第51回「京の冬の旅」2
今回の開催テーマはコチラ


「大政奉還」(たいせいほうかん)! (゚д゚)



これまたマニアックなテーマ! (゚д゚)   ←(コラ)




慶応三年(1867)、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜(よしのぶ)が、
朝廷に統治権を返上したことを、「大政奉還」というんですね。



今年2017年度は、この「大政奉還」からちょうど150周年
記念すべき年だったとはつゆ知らず。 ( ̄人 ̄)



いや、普通はりませんか。 (^^;)









2016年・第51回「京の冬の旅」32016年・第51回「京の冬の旅」4
そう言いつつも、ラインナップをチェック。 (^^;)



・金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)
・金戒光明寺 西翁院(さいおういん) 京の冬の旅13年ぶりの公開
・聖護院(しょうごいん)
・知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園 京の冬の旅17年ぶりの公開
・建仁寺 久昌院(きゅうしょういん) 京の冬の旅20年ぶりの公開
・西福寺(さいふくじ) 京の冬の旅初公開
・高台寺(こうだいじ)
・妙法院(みょうほういん) 京の冬の旅13年ぶりの公開
・壬生寺 本堂・狂言堂 狂言堂は京の冬の旅初公開
・島原 角屋(すみや) 京の冬の旅13年ぶりの公開
・妙心寺 大庫裏・経蔵(おおぐり・きょうぞう)
・妙心寺 大雄院(だいおういん) 京の冬の旅初公開
・妙心寺 養徳院(ようとくいん) 京の冬の旅初公開
・東寺 五重塔(とうじ ごじゅうのとう)



・期間 : 平成29年1月7日(土)~3月18日(土)
・時 間 : 10:00~16:00(受付終了)
・拝観料 : 1ヶ所 大人600円/小学生300円
※公開場所により公開期間・時間、拝観料が異なります。




おお~、全14ヵ所のエントリーで、10数年ぶりや初公開も多く。


幕末ゆかりの寺院がこれだけ並ぶと、さすがに壮観。 (^^;)



それにしても、150周年イベントともなると、さすがにラインナップにも
気合いが感じられますね~。



ここ最近、あっさりめな感じだったので。 (^^;)  ←(コラコラ)



でもホント、御先祖様の眠る妙心寺からも公開の2ヵ寺が
エントリーされているしで、実に興味深い。


「大政奉還」と関わりが深かった事もめて知ったりして。 (^^;)









2016年・第51回「京の冬の旅」5
そんなビッグなイベントにも、じっくりと快適にってもらおうと、
本キャンペーンでは食事などをセットにした

バスツアーのコースなども提案されているんですね。


これはれり尽くせり。 (^^)



美味しいもの巡りにこだわった、「わいコース」などもあるとは、
これまた面白い。 (^^;)









2016年・第51回「京の冬の旅」6
続けてパンフレットをパラパラとめくって行くと、

おや、「京の五花街・お茶屋遊び」なる企画までもカバーされて
いるとはスゴイ。


いやホント、いくら祇園でも、本物の舞妓さんに出会う事すら
簡単ではありませんからね。



その上、独特な「一見さんお断り」システムもあるので、
この様なお茶屋遊びが体験できるのは


ある意味とても貴重な企画かも知れません。 (^^;)









2016年・第51回「京の冬の旅」7
さてさて、最後はお話がやや脱線しながらも、

2017年・「京の冬の旅」 文化財特別公開。 (^^;)


「大政奉還150周年記念」に合わせて、実に豪華なラインナップ
で興味深いですね~。


開催期間がいのも、本特別公開の良いところ。



「えべっさん」も終わって、新春ムードもけきった辺りに、

少ないながらも何ヵ所か巡れたらな~と思います。 (^^;)






2017年、明けましてめでとうございます。 (^^)



いや、早くもお正月はが日、いやが日も過ぎているので、

今さら感は否めませんが。 (^^;)



世間では今日からお事始めのところも多いんですね。



そんな中でも未だ、お正月ボケのけきらない

ワタクシでございます。 m(_ _)m









2017年・酉年1
そんなくだりを入れつつも、ひとまず元日は例年通り

お寺さんへ初詣に。 (^^;)



それにしても、今年の年始はかったですね~。


ポカポカ陽気につられてお参り後もウロウロと出歩き、

おウチに帰ってからはゴロゴロと、


まあ例年通りのダラダラお正月なんですが。 (^^;)









2017年・酉年2
そう言いながらも、これまた年始恒例、妙心寺より干支色紙
届きました。


ありがとうございます~。 ( ̄人 ̄)



以前、→2014年度 妙心寺・微笑会特典 馬の干支色紙。 2014/01/04
の記事でご紹介しました、お正月の特典なんですね。









2017年・酉年3
さっそく開封し、中身の色紙を拝見。


そう言えば今年は酉年(とりどし)でした。


同梱の解説書によりますと、「貴和」(きわ)と書かれており、
妙心寺派管長・嶺興嶽(みねこうがく)老師による筆だそうな。



を以ってしとなし。 忤(さから)うことなしを宗とせよ。」



聖徳太子が定めた、「十七条憲法」の第一条だとか。


平和を大切にし、わないようにしましょう」、という意味なんですね。



今年はり易い禅語を、ありがとうございます~。 ( ̄人 ̄)



いやホント、毎年問答よろしく、難解な禅語が多くて、

解説書付きでもワタクシでは解不能な事が多いんですよね~。



いや、実際にはもっとい真理があると思われますが。 (^^;)









2017年・酉年4
あくまでざっくりと理解しながらも、新・旧の申と酉を並べて、
1枚パチリ♪  (^^;)



心のゆとり

幸運のつかみドリ


そして、サトリの境地、などなど・・・、 ( ̄人 ̄)



トリあえずトリ年は、ワタクシ的にダジャレな解釈くらいが

丁度いいかも。 (^^;)    ←(コラコラ)









2017年・酉年5
ふざけはこれ位にして、お正月なのでお酒も頂いて
おきましょうか。 (^^;)



以前、→御神酒(おみき)・三重 伊勢神宮 2016/01/10の記事で
書いた事があるんですが、


年末恒例のお伊勢参りで御神酒を購入し、神棚にお供えしたものを

お正月辺りにお下がりとして頂くというのが、


近年のワタクシのルーティンだったりするワケなんです。 (^^;)



いつもながら、お伊勢さんの霊力が宿ったお酒で、

新春からパワーを頂けたような気がします・・・。 ( ̄人 ̄)



因みには、いつぞやの日本酒イベントの時のものだったり。 (^^;)









2017年・酉年6
加えて本日は、もう1本開封を。 (*゚Д゚*)



いやワタクシ、そんなにお酒にくはないんですが、

お正月という事で。 (^^;)









2017年・酉年7
これまた先日の「お伊勢参り」の事になるんですが、内宮
(ないくう)でのお参り後、

お土産店やお食事処が連なる、おはらい町通りの
三宅商店さんで購入したお酒なんですよね。



いや、店内がお客さんで非常にわっていたので・・・、









2017年・酉年8
かれるように御入店したりで。 (^^;)



おお、店内は伊勢神宮の御神酒を造っている蔵元・白鷹(はくたか)
のお酒を始め、

三重県の地酒が数多く取り揃えられていますよ。



いや、こうして店内を拝見すると、内宮で購入した御神酒つながりも
あって何かと興味深い。









2017年・酉年9
これまた店内に掲げられたお写真を拝見すると、


昨年はここ伊勢にG7首脳が集結し、伊勢志摩サミット
開催された年だったんですよね。



その首脳陣が内宮の御正殿前でズラリと並んで記念撮影とは、
これまたスゴイ画。 (^^;)









2017年・酉年10
その伊勢志摩サミット2016・首脳の食事会で提供された
日本酒も販売されているとは、またまたスゴイ。


実に6種類もの三重県の地酒が提供されたんですね~。



その中でもワタクシは、総理ご夫妻主催のカクテルパーティー
の際に提供されたという、

純米酒・宮の雪(みやのゆき)をチョイス。 (゚д゚)



いや、日本酒にはあまり詳しくないので、となく。 (^^;)









2017年・酉年11
でもホント、手造りの麹と純粋酵母を、低温でじっくりされた
純米酒なんですね。


重厚な中にも軽快なまろやかさがあって、なかなかに深し。



さすが、国際的な首脳会議・サミットで提供されるという
だけの事はあります・・・。 ( ̄人 ̄)



日本酒には詳しくないので、それっぽい事を言ってお茶を
濁したりして。 (^^;)









2017年・酉年12
ところで本日は、のお話でしたっけ? (^^;)  ←(呑み過ぎ)



途中からいつの間にかお酒の話になりましたが・・・、









2017年・酉年4
そうそう、2017年・トリ年、新年のご挨拶。 (^^;)



これまた新年早々、グダグダ展開で、

終始トリとめの無いお話になって恐縮だったり。 (;´д`)



でもホント、まずは今年も一年、無病息災が一番で・・・。




そんな中、最後に、本日はちょっと呑み過ぎて、

ドリ足・・・。 (^^;)     ←(もういいです)