つい先月、


財団法人・京都古文化保存協会が主催する、2017年・春期
「非公開文化財・特別拝観」の詳細が、


早くも公式サイトにて発表されました。 (^^)



そんなワケで本日は、今年度の特別公開情報を一つ。 (^^;)



いや、まだ何かとさ厳しい2月の中、

少し遠いのお話をするのはどうかと思ったんですが・・・、








2017年 京都・春季:非公開文化財 特別公開1
でもでも、毎年春と秋に開催され、普段は非公開の
京都の社寺を特別拝観できる本シリーズ。



レアな社寺も多く、数ある特別公開の中でも

ワタクシ的に特にい入れのある催しなので、


少しながらご紹介しておきたいな~と。 (^^;)









2017年 京都・春季:非公開文化財 特別公開2
※画像 : →社寺巡り 京都・2016年 秋期特別公開 「京都
ハリストス正教会」 2016/11/27




社寺に捉われない柔軟な選定も、本特別公開の魅力の一つ
なんですよね~。


去年の秋季特別公開では、上記の様なキリスト教
大聖堂を公開に導かれたりと、


衝撃的なほど。 (^^;)




でもホント、本特別公開でなければ御縁が結ばれない
文化財も多々あるので、


感謝せねばと・・・。 ( ̄人 ̄)









2017年 京都・春季:非公開文化財 特別公開3
そんな事を言いつつも、今回の特別公開ラインナップを。 (^^;)

※以下、京都古文化保存協会・公式サイトより抜粋。






「北区」
上賀茂神社【かみがもじんじゃ】
大徳寺 本坊【だいとくじ ほんぼう】


「左京区」
古知谷 阿弥陀寺【こちだに あみだじ】 <初公開>
寂光院【じゃっこういん】
宝泉院【ほうせんいん】 <初公開>
下鴨神社【しもがもじんじゃ】
※特別協力 三千院【さんぜんいん】


「上京区」
北野天満宮【きたのてんまんぐう】


「右京区」
仁和寺 金堂 ・経蔵【にんなじ こんどう・きょうぞう】
妙光寺【みょうこうじ】 <初公開>
遍照寺【へんじょうじ】 <10年ぶり>
鹿王院【ろくおういん】 <14年ぶり>
厭離庵【えんりあん】 <10年ぶり>


「東山区」
知恩院 大方丈・小方丈・方丈庭園【おおほうじょう・こほうじょう】
東福寺 三門【とうふくじ さんもん】


「南区」
東寺 五重塔【とうじ ごじゅうのとう】


「伏見区」
伏見稲荷大社【ふしみいなりたいしゃ】
城南宮「じょうなんぐう」



・期間 : 平成29年4月28日(金)~5月7日(日) (公開箇所により異なる)
・時間 : 午前9時~午後4時(拝観受付)
・拝観料 : 1ヶ所 大人800円、中高生400円





今回はトータル18ヵ所、そのうち初公開が3ヵ所なんですね~。 (^^)


初公開箇所は少ないながら、でもでもレアな社寺がズラリと。









宝蔵寺6
※画像 : →社寺巡り 京都・2016年 秋期特別公開 「宝蔵寺」
(ほうぞうじ) 2016/11/17



それにしても前回の秋季は、観光の方々も多く訪れる中京区
集中攻撃ラインナップでしたが、



今回は一転して、京区・京区と二手に分かれての


奇襲攻撃とは、これ如何に。 (^^;)     ←(表現)




でもホント、コアな社寺ファンもきさせないラインナップには、
毎度ワクワクさせられますね~。









2017年 京都・春季:非公開文化財 特別公開7
右京区・嵯峨野(さがの)周辺はともかく、

左京区の大原周辺は、今回特にレアな箇所かも知れません。


普段の社寺巡りでも、訪れる機会のないエリアですし。 (^^;)



なのでこれを機に、是非れてみたいな~と。









2017年 京都・春季:非公開文化財 特別公開6
でも、今回一番心配なのは交通アクセスだったりして。 (^^;)


大原は左京区といっても、もはや地理的には滋賀県に近い
エリアなんですよね。


魅力的な社寺が多いながらも、市街地から大きくれているのが

普段なかなかが向かない理由でもあったり・・・。  (;´д`)








画像 : 大原 三千院
2017年 京都・春季:非公開文化財 特別公開5

さてさて、そんな事を言いつつも、2017年・春季

京都「非公開文化財・ 特別拝観」


社寺巡り関連のブログをそれこそ8年もやっていながら、
実は未だ一度も大原エリアのご紹介をした事が

かったりするんですよね~。 (^^;)


今回は巡る良い機会なので、頑張って北上したいと
思います。 (^^;)




おっと、特別公開と言えばもう一つ、

京の冬の旅シリーズで本日一箇所巡って来たので、


まずはこちらを近い内にレポを・・・。 (^^;)






スポンサーサイト
おととい2月3日は、節分の日でした。



今年も2日~3日に掛けて、各社寺では様々な邪気払いの行事が
行われたんですね。  ( ̄人 ̄)








画像 : ANNニュースより
祝・ブログ開設八周年1

今年も京都・八坂神社では恒例の節分祭、豆まきの様子が
報じられました。


それにしてもタイトルにもあるように、「客殺到」とは、
危険度MAX。 (^^;)


舞妓さん撮影目当てのキャメラマンも入り乱れて、スゴイ状況
だったんでしょうね~。



数年前まではワタクシも、この時期に合わせて神社やお寺に
来られる芸・舞妓さんを撮影に行ってたんですが、


近年はもうく行っておらず。 (^^;)



特に八坂神社の節分祭はくの舞妓さんも来られるので有名
ながらも、


舞妓さん撮影パワーが落ちた今、何時間も前から舞殿前で
場所取りするという気力も失っていたり・・・。 (^^;)









祝・ブログ開設七周年5
その代わりと言っては何ですが、この何年かは少々マイナーな

お寺で、太夫(たゆう)さん撮影にハマったりして。 (^^;)



いや、同じ京都の花街(かがい)繋がりで、芸妓の最高位
である太夫さん撮影にチャレンジしてたんですよね~。









祝・ブログ開設六周年7
しかしながら人混みの中、ち位置が定まらなかったり、
はたまたタイミングがわなかったりと、


失敗の連続。 (^^;)



でもでも昨年、→祝・ブログ開設七周年 2016/02/05
の撮影で・・・、









祝・ブログ開設七周年7
こうしてようやく、立ち姿でちゃんとした1枚を頂けたんですよね。


しかも、舞妓さんでいうと仕込みさんに当たる、禿(かむろ)さん(左)
と揃った 1枚になって、サプライズ的な1枚に。 (^^;)



結局3年目のチャレンジで、やっと達成と相成ったり・・・。 (^^;)





そんな目標を達成した今、今年の節分は芸・舞妓さんからも、
そして太夫さんからも離れて・・・、









祝・ブログ開設八周年2
その上、京都からも離れて大阪のお寺へ。 (^^;)


いや、一度花街関連から距離を置いて、純粋に節分行事に
参加するのもアリかな~と思いまして・・・。 (^^;)





おっと、このタイミングながら、節目のご報告を一つ。



今年もこの節分の日をもって、当ブログ開設から八周年
になるんです。



おめでとうございます。 (^^ノノ" (^^ノノ"☆ パチパチ。


ありがとうございます! (^^)/



いやホント、当ブログがこうして長年に渡って続けていられるのも、
いつもお越し頂いている皆々様のお陰なのです。 m(_ _)m



そんな経緯から、節分の日は特別な思い入れもあるワケで・・・、









祝・ブログ開設八周年3
そう言いつつも、さらっと境内へ。 (^^;)



ちなみにこちら成田山は、朝ドラ出演者や落語家、漫才師など、
多くの芸能人が豆まきに参列される事で有名なんですね。


今年はその様子を撮影するのも目的で

こちらにお邪魔したりして。 (^^;)    ←(全然純粋ではない)



それにしても皆さん有名人目当てか、早くも境内にはスゴイ人出



まあ芸・舞妓さんは来ないのでれる事は無いでしょう。 (^^;)





そんな独り言をブツブツと言っていると・・・、









祝・ブログ開設八周年4
なんと、まさかの芸・舞妓さんも、登場!? (@_@;)



しかも、京都の芸・舞妓さん方! (゚Д゚)  ←(ホントですか?)



いや、これまで撮影してきた中での的なモノだったり。 (^^;)



でもでもホント、こちらの芸妓さん、よくお顔を拝見すると・・・、









祝・ブログ開設八周年5
豆六(まめろく)さんじゃありませんか!! (@_@;)



お店出しも撮りに行った事があり、お顔も存じているので
違いありません。



それにしても、なぜ本日、大阪のちらに? (^^;)









2017年・始業式14
因みに先月書きました、→京都・祇園 伝統行事 2017年・
「始業式」(しぎょうしき) 2017/01/22
の時に、

こうして先笄(さっこう)姿を拝見していたんですよね~。



まさか節分の日にこちらのお寺で、晴れて芸妓さんに
なられた姿を拝見出来るとは、夢にも思わず・・・。




いや、芸・舞妓さんはイベント等で全国に呼ばれますので、
ここで出会ったとしても、

何も不思議ではありませんか。 (^^;)










祝・ブログ開設八周年6
そうこうしている内に行事は進行し、豆まき前に御本尊
へ向かって、

お参り~・・・。 ( ̄人 ̄)




こうしてお寺で芸・舞妓さんの合掌姿が拝見できるというのも、
ワタクシ的にはレアだったり。 (^^;)









祝・ブログ開設八周年7
あ~、うまくれん~。 (;´д`)



芸・舞妓さん方が来られるとは知らなかったので、ち位置
などの事前準備が出来ず、

こうして~くから撮るのが精一杯。 (^^;)



装備も舞妓さん撮影仕様ではありませんが、でもそこそこに
何枚かは撮れたので、

本日はの字としておきましょう。 (^^;)









祝・ブログ開設八周年8
それにしても、後でこうして参列者のお名前を拝見すると・・・、


京都からは「祇園甲部」・「上七軒」・「先斗町」、そして

大阪からは「北新地」と、


総勢12名の芸・舞妓さん方が参列されていたんですね。



何気に豪華な顔ぶれ。 (^^;)



でも、どの部にどの芸・舞妓さんが出ておられたんでしょうか・・・。




これはまた、節分のたな撮影課題になったり。 (^^;)









祝・ブログ開設八周年9
そんな事を言いつつも人混みの中、こちらがワタクシも
何とかゲットしました福豆。 (^^;)



偶然にも粒で、


豆六!! (*゚д゚*)    ←(コラコラ)




因みにこちらのお寺では、節分における一般的な大豆ではなく、

落花生が撒かれるんですね。 (^^;)




ワタクシもおウチに持ち帰って、んでポリポリ・・・、









祝・ブログ開設八周年10
で、本日はのお話でしたっけ? (^^;)    ←(また)



そうそう、当ブログ開設・八周年記念の件。 (^^;)



最初は単にブログというものを始めてみたいな~と、
軽い気持ちでスタートしたんですよね。


少し続けて、きたら放置すればいいか、 ミヽ( 'з')ノ

くらいのノリで始めたんですが、



気付くと今年で8年目に突入していたとは、それこそ

にも思わなかったり。 (^^;)









祝・ブログ開設八周年11
社寺巡り」をテーマにブログを始めたのも、
今まで続けて来られた要因の一つかも知れませんね~。



自分の好きな事で、自分のペースで続けられて、その上
スピード感が不要な

る~い題材なので。 (^^;)




時々横入りしてくる、舞妓さんネタは置いておいて。 (^^;)









祝・ブログ開設八周年12
でもでもホント、これまで頂けたブログ拍手やコメントも
知れず。



当ブログはこうした皆様方の御支援をみに支えられている
という事にも、

改めて感謝を・・・。 m(_ _)m









祝・ブログ開設八周年13
さてさて、そんなこんなで、ブログ開設8周年記念。


8年目に入ろうというのに、トップ画像一枚すらえる事無く
現在に至ってるし。 (^^;)


加えて最近は、更に進みつつある長文化、話の脱線
そして更新放置と、

このタイミングで改めてグダグダっぷりに反省・・・。 (;´д`)



でもでも、節分の日が誕生日の、当・「ワタシャジ」ブログ。


ここまで来たなら、もう少し続けてみようと思います。



10年目も視野に入って来ましたので・・・。 (^^;)






1/9(月)。 兵庫県・西宮市は越木岩神社(こしきいわじんじゃ)
へ行って参りました。



さて、本日のお目当ては十日戎(とおかえびす)。  (゚д゚)



いや、1月も日になって十日戎のネタというのも、如何なものかと
思いましたが、

っかくなので更新をば。 (^^;)




ちなみにおととし、→2015年 阪急梅田駅・十日戎キャンペーン 
2015/01/09
で、

阪急沿線10社の「えべっさん」 を紹介するイベントに
参加したのが発端なんですよね~。








イベント会場 : 阪急梅田駅・ビッグマン前広場
越木岩神社1

今年も「無料吉兆引換証」の付いた福笹を頂けたので、
一社くらいは福を授かりに、お参りに行きたいな~と。 (^^;)




社寺巡り 大阪府・吹田市 「高浜神社」(たかはまじんじゃ)・
十日戎 2015/01/24


社寺巡り 大阪府・吹田市 「泉殿宮」(いづどのぐう)・
十日戎 2016/01/31



に続いて今年で早くも3年目とは、

この十日えびすネタもすっかりシリーズ化してしまった
感が・・・。 (^^;)









越木岩神社2
そんな事を言いつつも、本日は阪急・甲陽園駅(こうようえんえき)
を下車。


久しぶりに兵庫県方面のお社へと思って来ましたが、

これまた滅多に訪れる機会のない所ですね~。


目的地の「越木岩神社」への道順を駅員さんに聞いてみましょう。



いや、手持ちのスマホからマップで調べれば判る話なんですが、

何かとお聞きするのがきなので。 (^^;)    ←(迷惑です)









越木岩神社3
けっこうな坂道が続くんですね~。   ~~(;´д`)



駅員さんに教えて頂いた道順に加えて、所々に案内看板もあるので
道にう事はありませんが、

かなりの上に御鎮座されている模様。



早くも息ががって来た。 (^^;)









越木岩神社4
そして徒歩20分程かけてようやく到着。 (^^;)



改めまして、石の鳥居を前に1枚、パチリ♪


黄色いのぼり旗には「西宮・北の戎さん」と掲げられています。


えべっさんムードにテンションもがって参りました。 (^^)









越木岩神社5
いや、まずは上がった息をえてから、潜入~。 (^^;)


深い緑に包まれた、真っ直ぐの参道を進んで行きます。





当社は東六甲山麓唯一の霊場で、天然記念物の森に覆われた
霊験あらたかな神社である。

創立は不詳で、甑岩(こしきいわ)を霊岩とし、今なお全国的に
信仰を集めている。

(以下、由緒書きより抜粋。)





この深い森にはヒメユズリハやヤマモモ、ヤブツバキ等が群生
しているんですね。

神域の森自体が兵庫県の指定天然記念物とはスゴイ。



甑岩(こしきいわ)なる岩も、大変な巨岩だとか。

こちらもあとで拝見しに行きましょう。 (^^)









越木岩神社6
続いてこちら手水舎でお清めを。

柱にはが結び付けられて、これまたえべっさんムード。 (^^;)





この信仰は磐境(いわさか)・磐座(いわくら)祭祀と呼ばれ、
当社が鎮座する地域一番の磐座郡の象徴として祀られており、
古くから特に安産・子授の神様として信仰されている。

今を去る千数百年前の延喜式神名帳には、大国主西神社と
記録されており、これは当社と思われる。





磐座(いわくら)とは、古神道においてを神様の依代(よりしろ)
とする信仰の事なんですね。


自然崇拝が色濃く残る越木岩神社。

創立は不詳という程の歴史のさにも、うなずけます・・・。









越木岩神社7
その後、正保年間(1644年頃)には社殿が再建され、明暦二年(1656)の
八月十六日に円満寺の教順僧侶が「福神」の総本社・西宮神社
より蛭子大神(えびすおおかみ)を勧請し、蛭子太神宮と称される。





なるほど、西宮神社より御分霊を迎えられたんですね。


その西宮神社がに御鎮座されているのに対して、こちら
越木岩神社が北に位置するので「の戎」なワケですか。



鳥居前にあった色いのぼり旗の表記に、今納得。 (^^;)









越木岩神社8
以後、数回社殿は修復されたが、現在の見事な片削破風流造
(かたそぎはふ ながれづくり)の御本殿は昭和十一年に、
また拝殿は昭和五十八年に御造営となったものである。





神社の歴史を噛みしめつつ、いよいよ御本殿へ・・・。 ~(  ̄人 ̄)









越木岩神社9
おお、御本殿前に茅の輪(ちのわ)がある! w(*゚0゚*)w



いや、当ブログでは→社寺巡り 大阪府・四條畷市 「四條畷神社
(しじょうなわてじんじゃ) 茅の輪くぐり 2016/07/18
の様に、

毎年6月末、祓い清めて頂く為に茅の輪くぐりに訪れているんですが、
季節外にしいな~と。


中には年中茅の輪を設置されているお社もあるそうな。



いずれにしても、茅の輪にもが散りばめられて、これまた
えべっさんムード。 (^^;)









越木岩神社10
その茅の輪に清められた後、御本殿前へ・・・。 ( ̄人 ̄ )~~



御祭神



・蛭子大神(えびすおおかみ)





それではお賽銭をすべり込ませ、鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼。



手順正しく、心をめてお参りをさせて頂きます・・・。 ( ̄人 ̄)




それにしても、祀られている神様は「蛭子大神」様だけなんですね。


まさにえべっさんの為のお社。



改めて、十日えびすのをお授けください~・・・。 ( ̄人 ̄)






そんな事を言いつつもスキを狙って・・・、









越木岩神社11
また御本殿を撮ってしまいました。  (^^;)



本年最初の、もうしわけありません。 (^^;)



いや、いつもならワンクッション入れてから本お約束
入れるんですが、

殿内で御祈祷が行われていたので、その様子を収めたく


て気味に。 (^^;)









越木岩神社12
摂・末社へもお参りを。 (^^;)


御本殿の左手に岩社参道があるんですね。



御由緒にあった甑岩(こしきいわ)もこの先にある様なので
行ってみましょう。 (^^)









越木岩神社13
これまた結構階段を上って来ましたよ~。  ~~(;´д`)


また息ががるし。 (^^;)



でもでも気持ちも整えて、正面の「岩社」、「白玉稲荷・大崎稲荷」、
そして遥拝所と順にって行きます。 ( ̄人 ̄)









越木岩神社14
左手の方に回ると、おや、石のお不動様が祀られていますよ。


大変歴史の深いお社なので、神仏習合の名残りも感じられます。



続けて「水神社」、「六甲山社」にもお参りを・・・。 ( ̄人 ̄)





それにしても、巨岩と言われる甑岩(こしきいわ)は、

ドチラデスカネ・・・。   ~(゚д゚ )~( ゚д゚)









越木岩神社15
先にお参りした「岩社」の後ろがまさに、その甑岩(こしきいわ)
でしたか。 (^^;)


を通り越して、の様な大きさ。


あまりにきすぎて、近くに寄っていると気付かなかった。 (^^;)



酒米を蒸す時に使う「甑」(こしき)という道具に似ていることから
「甑岩」と名づけられたそうな。

こちらの社名、そして周辺の地名もこの岩からこったんですね。



岩社の裏手から登って、岩にづくことが出来る様なので
行ってみましょう。









越木岩神社16
きさを表現するために、参拝者と絡めて1枚、パチリ♪


周囲約40m・高さ10mの巨大花崗岩だそうな。

ホント、近くで拝見すると、とんでもない大きさのメガロック




今から400年程前、かの豊臣秀吉が大阪城を築城する際に、
この大きな岩を石垣に用いようとしたそうな。


村人の反対を押し切って、石工達がノミを打ち始めた所、
物凄い音と共にい煙が噴出。









越木岩神社25
その噴き出した霊気に石工達がえ苦しみ始めると、
次々と岩から転がり落ち、皆絶えてしまったとか・・・。


作業の指示をしていた役人達も震え上がって命からがらげ出し、
結局大阪へは運び出せなかったんですね。



今の時代の人でもこれほど大きな岩を目の前にすると、何か
宿っていると感じるかも知れません。



ワタクシもりに会いませんよう、存分にお参りを。

南無南無・・・。 ( ̄人 ̄;)    ←(南無?)




ちなみに、今はちゃんと御祭神として「市寸島比売命」(いちきしまひめ
のみこと)という神様、俗に言う辨財天が祀られています。 (^^;)


女性守護・安産・子授け、また音楽や芸術、更には縁結びや、財宝を
もたらす御功徳もあるので、

安心してお参りを。 (^^;)









越木岩神社17
甑岩の裏手には、まだお社があるんですね~。  ~~(;´д`)


更に山を登って来て、息もえ絶え。 (^^;)



でもでも、こちらで最後、貴船社で謹んでお参りを・・・。









越木岩神社18
おお~、こうして眼下に望むと、やはり随分の上まで
来ていたんですね。


息もがるはずです。 (^^;)



でもでも、西宮市の街並みが一望出来て、何気に

達成感も覚えたり。 (^^;)




そうこうしている内に、もう大分とも傾いて来ました。



御朱印を頂いて、そろそろおいとましましょうか・・・。









越木岩神社19
いや、本日のメインイベント吉兆の授与を! (゚д゚)


阪急梅田駅・十日戎キャンペーンで頂いた福笹を取り出し、

社務所へ、いざいざ~。   ~~( *゚д゚)ノ笹



本日はこれが目的で訪れたのに、れて帰りそうになって、
アブナイアブナイ。 (^^;)









越木岩神社20
巫女さんが吉兆をびして頂けるんですネッ!


イベント枠ながら、通常のえべっさん枠と同様に
ご対応頂けて、恐縮です。 (^^;)



ちなみにこの時期おなじみのえべっさんも、ほぼ関西限定の
祭礼だそうな。



商売繁盛を願い、「大福帳」や「小判」、「鯛」、「扇」などの細工物
(吉兆)を、生命力満ち溢れる福笹に結び付け、

いには「商売繁盛」を、そして一般家庭には「家内安全」や
「家運隆盛」を祈願して買い求められるワケなんです。









越木岩神社21
そしてじきに授与頂けました笹が、コチラ。 (*゚д゚*)


えべっさんの福々しい笑顔が印象的な、本格的な絵馬。



今年一年間、良い福にって頂けそうな予感でご満悦。 (^^;)









越木岩神社22
御朱印を頂くのもれて帰りそうになって、 アブナイ。 (^^;)



ちなみに十日戎は、神社としてもき入れ時なんですね。


さすがに色々とお話をお聞きするのは自粛を。 (^^;)









越木岩神社23
そうこうしている内に、こちらが頂けました御朱印


「甑岩大神」(こしきいわおおかみ)と書いて頂けました。



ありがとうございます~。 m(_ _)m









越木岩神社24
さてさて、そんなこんなで、兵庫県・西宮市は「越木岩神社」
(こしきいわじんじゃ)。


一千年の時を紡ぐ古社で、良いお参りをさせて頂きました。 ( ̄人 ̄)


想像を遥かに超えた甑岩の大きさとパワー感には、さすがに
圧倒されましたね~。


初詣に次ぐ年始のイベント・十日えびすと共に、
大きな福をお授け頂いたような気がします。 (^^;)



それにしても毎度無料ながら、本格的な吉兆にも大満足


本・阪急梅田駅・十日戎キャンペーン 

来年も都合が合えば、またどちらかのお社に是非
お邪魔したいと思います。 (^^;)






powered by TomiryuMap